企業系動画の制作費についてpart1

 Web用動画、TVCM、企業PR、商品PR、リクルート、イベント撮影など他にも企業様ごとに必要とされる内容・目的は違ってきます。


 映像制作の料金は、主に以下の要素により決まります。

(1)機材等のコスト、(2)人件費(技量・作業に要する時間による)

 映像制作は、コストが安ければ良いというわけでもないでしょうし、高くても無駄が多くなります。

 また、コストをかけずに、工夫をしてみせる演出方法もたくさんございます。大切なのは、「お客様の目的を達する映像にするための、コストと品質のバランス」です。以下にそれぞれの見積り項目について解説しております。


今回は「企画・構成費」「シナリオ・絵コンテ作成費」についてです。


●企画・構成費 ¥20,000- 〜 ¥100,000-

 映像は、目的を達成するためには、どういう訴求が必要で、どのような見せ方をすれば、視聴者にどのような訴求効果があるか、などを検討してから作りはじめます。そのために、訴求物・訴求内容の下調べや、クライアント様と協議をしたり、資料を作成して様々な提案をする際にかかる人件費です。企画がしっかりしたものでないと、支離滅裂な映像になったり、目的を達することが出来なくなるので、非常に重要であると言えます。

 また必要に応じてシナリオハンティングを行います。実際に現場に行って、目で確かめながら、「ここはアピールするべきだ」「こういった訴求方法がいいだろう」というふうに具体的にゼロから組み立てる作業で、その分、相当な下調べと時間がかかります。

 まずは社内で映像を作る目的と求める効果についてしっかりとまとめておくことで企画・構成費を抑えることができます。



●シナリオ・絵コンテ作成費 ¥20,000- 〜

 映像のナレーション原稿を作成する費用です。400 字詰めの原稿用紙1 枚あたりおおよそ1 分強の計算になります。クライアント様の要望を踏まえ、訴求内容や特徴を別項目の「企画・構成費」で提案、決定した構成をベースとして、台本や絵コンテを作成していくお見積りです。

驚きのコストパフォーマンス、写真、映像、デザイン制作 株式会社GEMSMILE

映像制作、写真撮影、デザインなど幅広いコンテンツの企画、提案、制作を行っています。コストパフォーマンスの高いハイクオリティなサービスをお届けいたします。

0コメント

  • 1000 / 1000