Blog

ついにWPC(ワールドフォトグラフィックカップ) 2020 TEAM JAPAN 日本代表メンバーが発表されました!


WPCへの挑戦は今回で3回目、

今年の2019では代表に一歩届かずリザーブフォトグラファーに留まりましたが、

今回の2020では無事代表入りに返り咲くことができました!

しかもコマーシャルとイラストレイティブの2部門で代表入りです♪


そして何より嬉しいのはT&K photounitとして活動するパートナー松尾 圭一郎と共に代表入りできたこと!

(松尾は2019に続き二年連続代表入り)

今回は二人での代表入りを第一の目標としていたので本当に嬉しい結果となりました^^

http://wpc.competition.jp/2020wpc%e3%81%ae%e5%af%a9%e6%9f%bb%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6-2/?fbclid=IwAR1s7dRyyFRkJ5mtwBuqflkdw1xM5pXNDn1y2Rndl8q2OQwwB8Z2llI4Su8

本日WPCワールドフォトグラフィックカップ2019の授賞式が開催国ノルウェーで行われます。今年世界のベスト10に残り日本人フォトグラファーとして壇上に上がるのは僕がフォトユニットを組む相方、松尾圭一郎。今年の日本代表としては唯一のフォトグラファーです。

現在このブログを書いてるのは日本時間で0時30分。

予定ではあと2時間ほどで授賞式が始まります。

さて、どんな結果が待っているのか、楽しみです♫

毎年何かに挑戦するようにしてるのですが、今年も新しいことに挑戦する機会をいくつかいただき楽しみな一年になりそうです♪

写真は前回に引き続いての前撮り作品になります。

背景を変えることで色々な場所で撮影したかのような仕上がりになります^^

撮影中はスタジオの中なので場所を想像しながら気分を盛り上げる必要はあるかもしれません笑

固定観念に囚われず自由な発想で創造するコンポジットアートを前撮りに取り入れてます。

ちなみにこの作品は別々に撮影された写真を組み合わせて制作してるのですが、

さて何枚の写真が使用されているでしょう?笑


制作についてですが、頭の中で最終の仕上がりをイメージしながら素材を厳選します。

別々に撮影されたものなので当然光の方向や状態、色味、角度など様々な違いがあります。

組み合わせたときに出来るだけ違和感が出ないように素材を選ぶことが一つのポイントです。

もちろん敢えて違和感を感じさせるのも時にはアリだと思います。

さらに編集の段階で光や影を足したり、色味を合わせながら一つの世界を作り上げていきます。


当然時間はかかりますが、撮影して終わりではなく一枚一枚を丁寧に仕上げて作り上げていくことでその写真の価値を高めていきたい、そんな想いがあります。

年始の挨拶が遅くなりましたが、本日より新年度の営業を開始しております。


まだまだ昨年中に仕上げることができなかった案件もたくさんあり、しばらくは制作に追われておりますが、今年も様々な出会いと新たな挑戦へ向けて頑張っていく所存です。


本年もよろしくお願いいたします。


また皆様におかれましても飛躍の一年となりますよう心よりお祈り申し上げます。

一般・企業向けの基本撮影料金は以下になります。



■撮影料金

30分 8000円 1パターン(多数カット)

1時間 15000円 最大3パターン(多数カット)

追加パターン撮影 5000円(30分毎)


出張費

片道15キロまで3000円 15km以降は5km毎に1000円


※高速料金など交通費実費は別途必要になります。

※パターンとは、人物撮影を行う場合、ライティングなどのセッティングを変えずに行う撮影です。

※カットとは、人物撮影の場合、1パターンの中でも表情の違いやポージングなどの変化のある写真です。

※ライティングを行わない撮影の場合は時間内で撮影したカットからセレクトしたものをお渡しします。


■納品データ(撮影金額に含む)

フル調整データ (1パターンにつき1カット)

基本調整データ(多数カット)

オプション:追加フル調整データ (作業内容により価格は変動します。 1カット 2000〜10000円)

※基本調整データでは明るさ、色味、ノイズなどを処理します。

※フル調整データとは基本調整に加え、不要物の除去や肌のレタッチ、合成など高度な技術を用いてレタッチされたデータです。

金額は税別表示です。


■ドローン空撮

2フライトまで 30000円 (多数カット)

4フライトまで 50000円 (多数カット)

1フライトは約20分です。

フライトは法律順守で行うため、条件によっては撮影を受けられない場合があります。

また撮影条件によっては新たに申請を行う必要があります。

申請には2〜3週間の期間が必要なためご依頼は早めにお願いします。


以下は申請済みのため撮影対応可能

  • 日本全国対応
  • 目視外飛行
  • 夜間飛行
  • 人物・建物の30m未満の飛行


国土交通省(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール


今年の12月は例年以上に忙しくさせてもらってます。


さて、ここ数日仕事で空撮をしてきましたが、このMavic2Proは僕が欲しいと思っていたスペック以上に素晴らしいドローンでした。

Phantom4と比べてになりますが、

・持ち運びがしやすい

・セッティングしてから飛行までの時間が短い

・音が静か

・電波の安定感

・素晴らしい画質

・タイムラプス、ハイパーラプス

など、他にもありますが、とにかく悪い点が今の所見つかってませんw

楽しすぎるぜMavic!


何か事故がある度にどんどん規制が厳しくなっているドローンですが、

これ以上厳しくならないようルールの中で安全に撮影を楽しみたいと思います。