圧倒的な情報量の多さ

 テキストと写真のみの広告よりも、動画による広告やPRの方が、情報量が5000倍近く違うと言われています。

 1分間の動画が伝えられる情報量は、180万文字に相当すると言われ、Webページで言うと3600ページ分にもなります。

動画のベストな長さとは?

 次に時間で考えてみましょう。ほとんどの人は、興味のない状態で長い動画を見ることはないと思います。興味のある動画(例えばドラマや映画)であれば1時間、2時間と長時間見続けることができますね。動画を見てもらうためには、目的とターゲットをしっかりと決めておくことが大切です。

 例えばテレビコマーシャルは15秒、30秒、60秒、90秒と時間にするとかなり短いですが、その分できるだけ絞り込んだ要点を、驚きや共感といった人の感性に響く表現で伝える内容になっています。

 また視聴した人が途中で動画をストップすることなく見られる長さは180秒(3分)と言われています。さらに飽きさせず見てもらうためには90秒ごとには変化があるように意識するといいようです。

 内容によって3分を超えてもいいのですが、飽きさせないための工夫が必要となりますので動画制作のプロの任せた方がより効果を期待できます。もしくはカテゴリーごとに動画を分けて制作するという手もあります。

驚きのコストパフォーマンス、写真、映像、デザイン制作 株式会社GEMSMILE

映像制作、写真撮影、デザインなど幅広いコンテンツの企画、提案、制作を行っています。コストパフォーマンスの高いハイクオリティなサービスをお届けいたします。

0コメント

  • 1000 / 1000